マッピング画面切り替え

マッピング画面切り替え

マルチディスプレイでお使いの場合は、「マッピング画面切り替え」オプションが利用できます。接続されているその他すべてのディスプレイ、または1つのディスプレイを使って液晶ペンタブレットで作業できます。

お使いのペンタブレットがマルチディスプレイ環境に接続されている場合、ワコムタブレットのプロパティには「マッピング画面切り替え」タブが自動的に表示されます。このタブで、ディスプレイを切り替える順番を選択します。

ファンクションキーまたはペンのサイドスイッチを「マッピング画面切り替え」に設定すると、デバイスボタンを押すことで、基本マッピングとその他のディスプレイマッピングを順番に切り替えることができます。次の表示オプションがあります。

  • 「デスクトップ全体に切り替える」では、液晶ペンタブレットのポインタがシステムのデスクトップ全体に切り替わります。デバイスボタンをもう一度押すと、ポインタが液晶ペンタブレットへ戻ります。
  • 「他のモニタに切り替える」では、液晶ペンタブレットのポインタが他のディスプレイに切り替わります。デバイスボタンを押すたびにポインタはディスプレイ間を移動し、最後に液晶ペンタブレットに戻ります。


上記のスクリーンショットは説明を目的としており、実際の画面と一致しない場合があります。

  • 「表示エリア」の設定で、画面上のペンの操作エリアのサイズを変更できます。
  • 「縦横比を保持」は操作エリアのサイズを、液晶ペンタブレットと他のディスプレイを加えた全体、またはディスプレイの間で正確な縦横比率を保持できるように自動調整します。設定内容によっては、操作エリアの一部は、このオプションを選択した場合に使用できなくなる場合があります。選択をしないと、正確な縮尺比または比率は維持されません。
  • 「小さな領域を使う」は、操作エリアを15.2 x 20.3 cmのサイズに制限します。もし「縦横比を保持」も合わせて選択すると、操作エリアはさらに小さくなります。選択をしないと、液晶ペンタブレットの操作エリアの大部分が本機からディスプレイへのマッピングに使用されます。

重要:「マッピング画面切り替え」で特定のアプリケーションに対する設定を使用している場合、「アプリケーション」リスト(「その他すべて」も含む)上のカスタマイズ済みのソフトウェアに「マッピング画面切り替え」が割り当てられたデバイスボタンかファンクションキーがあることを確認してください。

次の動作のいずれかを行うと、切り替えの順番は基本マッピングに戻ります。

  • 筆圧をサポートするグラフィックソフトを起動したとき
  • システムをログアウトするか、再起動したとき
  • ユーザを切り替えたとき
  • システムをスリープモードにしたとき
  • 「マッピング画面切り替え」の設定を変更したとき
  • システム上のディスプレイの解像度または数を変更したとき
  • 「ペン⇔マウスモード...」機能を使用したとき
  • オンスクリーンコントロールから「ペンモード」または「マウスモード」を選択したとき。

注意:「マッピング画面切り替え」機能はモバイルモードのデバイスでは使用できません。